ここつの不妊鍼灸について

妊娠率54.9%・妊娠までの期間最短1.5ヶ月

ここつの不妊鍼灸についてご説明いたします。

不妊鍼灸を行う当院の実績をご覧ください実績豊富な不妊専門の鍼灸院として多くのメディアで紹介されています

妊娠率54.9%を誇るここつの不妊鍼灸とは

不妊治療に鍼灸は二千年も昔から使われてきた長年の歴史があります。実際、鍼灸をすることで不妊・妊活にどのような効果があるのでしょうか?

髪の毛位の細い鍼なのに身体が勝手にピクっと動いたり、ズーンと重くなったり、今まで感じたことがないような感覚を覚えます。体は鍼灸の刺激で体はちょっとビックリします。そして、その後リラックスします。血管でいうと一旦締まったあとに、今度は緩んで拡がり、血流の量が増えるのです!

今まで受けたことがない刺激がスイッチとなり、身体のスイッチをONにして身体に変化を出していきます。

簡単にいいますと鍼灸をすると妊娠できるように体の機能を整えていくことができます。

不妊に鍼灸が効果的と医療現場でも認められています

57人の不妊患者に不妊鍼灸を行ったところ、うち31人の子宮内膜の厚さが妊娠一定基準に達したというデータがあります。

実際に当院でもチョコレート嚢胞をお持ちの方が不妊鍼灸を行った1ヶ月後に妊娠

 
子宮内膜症、子宮筋腫、多嚢胞性卵胞症候群、卵管閉塞、抗精子抗体、高プロラクチン血症、などなどクリニックで検査した際に指摘されることが多い妊娠に悪影響がある基礎的な疾患です。

これらの疾患は様々な理由によって起こってきますが東洋医学では体内の「気・血・水」のどれかが滞っているか、足りないか、目詰まりしているかで起こってくると説明しています。

鍼灸でそういった体全体の流れを正常に戻すことで基礎疾患も徐々に変化していきます。

実際、不妊治療でいらしたチョコレート嚢胞をお持ちの方が20年苦しんでいた生理痛がピタッと無くなった!と喜んでいた方がその1月後に妊娠されました。

 

「試してみたいけれど、やっぱり、不妊鍼灸は怖いです。」と思っていませんか?

当院には無料体験を受けに来られて「鍼灸は初めて」という方のほぼ全員の方の声です。

体にハリを打つ、考えただけでも恐ろしくなる…鍼灸を受けたことのない皆さんがそう思って当然だと思います。

実際、私たち鍼灸師も学生時代を思い出すと練習で打たれるのが嫌で嫌でたまりませんでした。

ところが一度でも(学生の練習ではなく)鍼灸治療を受けて体に変化を感じられると、最初のごく微細なチクリとした痛みなど不思議とどうでも良くなります。

ここつで使用している鍼は使い捨てで0.14ミリ程度の細さのものです。これは髪の毛と同じくらいの太さです。

深さも浅い時は皮フから2㎜程度、深い時でも1㎝程度で効果を出すかなりソフトなやり方で、神経、血管などを傷つける心配もなく安心して受けて頂けます。