不妊鍼灸が効果的な理由

不妊鍼灸の効果性についてご説明いたします。

医療業界でも不妊鍼灸の効果は認められています。

不妊鍼灸を行うことで妊娠率が16.2%向上するなどその効果性は医療現場でも認められており、最近多くのメディで取り上げられています。

鍼灸が不妊に効果があると言われている理由

体にはツボというものがあり、鍼灸ではツボを刺激し、体のバランスを整え、身体の機能が改善される効果があります。

例えば、血液の流れが悪い場合、身体の機能が十分に発揮できないが、鍼灸治療で、血流のコントロールをしている神経の刺激をすると血液の巡りを良くすることができます。

東洋医学で不妊は身体の不調を指す「未病」といれています

東洋医学では不妊は、病名がつく前段階で体が不調な状態をさす未病の一部であると考えています。

東洋医学の考え方はこの未病の段階で体の正常な状態に機能を回復させることにあります。

不妊の状態でもっとも必要なのは体に余裕、余力があること。

未病を取り除き妊娠に必要な体を作る準備をすることで妊娠への近道を歩むことが出来ます。

さらに現代社会においての不妊に大敵なのがストレスです。

ストレスは顕著に体に影響します。そのストレスは自律神経を介して体のコントロールを乱すのです。

不妊による不安や焦りなどで乱れた自律神経のコントロールには3000年以上の歴史を持つ鍼灸治療は最適です。

母体を健康保つことにも優れている不妊鍼灸

病院での不妊治療を受けている方の中には、異常が見つからないのに二年以上妊娠しないと悩まれている方や着床しても流れてしまう・・・とつらい経験をされた方も多いのではないでしょうか?

これは病院の検査結果とおり、子宮や卵管に異常がないと言えます。

ですが、母体となる体に栄養や血液がうまく循環されていないと、いくら卵の質がよくても、着想の維持や卵管のキャッチアップもうまく行かなくなってしまいます。

不妊鍼灸で自律神経を整え血の巡りを促すことで、母体を健康にタ保ち、授かったあとの育てる力も養います。